ノバルティスの研究拠点について

ノバルティスの研究拠点について

世界中の患者さんのニーズにマッチした医療ソリューションを提供しているのがノバルティスです。チバガイギーとサンドが合併して誕生したノバルティスはスイスのバーゼルを拠点に事業を行っており、現在では中国やシンガポール、アメリカにも複数の拠点を構えています。新しい発想で医療に貢献することをモットーとしており、難病に苦しむ患者さんを救うための医療、医薬品の研究開発に携わっています。ノバルティスの研究者は世界中に大勢いますし、多角的な切り口から研究を行うことによって革新的な医薬品を創出することにも成功しています。時代と共に変わり続ける医療ニーズに対応できるだけの体制も整えていますし、そうした部分が業界内でも高く評価されています。

 

今の医療ならどのような病気でも治せる、と考えている方もおられるでしょうが、現実にはそううまくいきません。実際、現代の医療でも治すことが困難とされている病気はたくさんありますし、日夜治療法が研究されているのが現実です。世界に目を向けると難病に苦しんでいる方は大勢いますし、病気が原因で命を失っていく方も少なくありません。ノバルティスではこのような難病に苦しむ人々を一人でも多く助けたいと考えていますし、そのために事業を行っています。難病の治療ができ健やかな毎日を送れるような新薬、医療を開発したいと考えていますし、その想いを胸に事業を行っているのがノバルティスです。この想いを現実のものとするために従来の発想にとらわれることなく、新たな発想で新薬開発にも取り組んでいます。

 

ノバルティスは世界の各地に研究拠点を構えています。本社はスイスのバーゼルですが、アメリカやシンガポールにも拠点があります。ノバルティスバイオメディカル研究所は創薬を目的とした研究部門となっており、アメリカのケンブリッジにあります。約6000人の研究者が連携をとりながら研究に携わっていますし、さまざまな研究を行っています。ノバルティス熱帯病研究所はその名前が示す通り熱帯病に関する研究が行われています。デング熱を中心とした病気の治療法、医薬品の開発を行っており、確かな成果を見出しています。これまであまり顧みられることのなかった疾患に焦点を当てていることが特徴で、生物医学的な応用研究に取り組んでいることが特徴と言えるでしょう。アメリカのラ・ホヤにあるゲノム研究所でも創薬を目的とした研究、疾患のメカニズム解明などが行われています。