社会貢献活動も行うノバルティス

社会貢献活動も行うノバルティス

ノバルティスはスイスのバーゼルを本拠地として主に新薬の開発などを行っています。治療が難しいと言われている病気を治すための新薬開発に力を入れていますし、これまでさまざまな新薬や治療法を生み出してきました。歴史と実績のある企業として知られていますし、業界内でも高い評価を得ている企業です。科学的な根拠に基づくイノベーションを推進しており、画期的かつ革新的な医薬品を生み出したいと考えていますし、それをできるだけ大勢の患者さんの手元に届けたいとも考えています。そのための医療のアクセスプログラムも実施していますし、こうした部分も高く評価されているポイントではないでしょうか。そんなノバルティスは多彩な社会貢献活動も行っています。

 

ノバルティスが実施している社会貢献活動はいくつかありますが、その一つがLife for Carerプロジェクトです。これは仕事と介護の両立支援で、患者さんとそのご家族が参加しやすい社会の環境づくりをサポートするプロジェクトとなっています。仕事と介護はなかなか両立させられるものではありませんし、今現在苦労している方も大勢おられるでしょう。仕事と介護を両立させるためには周りの協力も絶対的に必要となりますが、そう都合よく周りのサポートが得られるとも限りません。ノバルティスではワークショップやウェブサイトを通じて介護者支援の取り組みなどの情報を共有し、そこから介護と仕事が両立できる環境に繋がればと考えています。さまざまなアイデアからヒントを得ることができますし、仕事と介護がうまく両立できるかもしれません。

 

ノバルティス・コミュニティ・パートナーシップデイは同社が発足したことを記念して行われるボランティア活動です。同社は1996年の4月に誕生しましたから、毎年この月には世界各地でノバルティスの社員がボランティア活動を行います。その参加人数はなんと25000人以上と言われていますから驚きですね。ここまで大規模なボランティア活動を行うような企業は世界的にも珍しいでしょうし、いかに同社が社会貢献活動に力を入れているかが伺えます。25000人にも及ぶノバルティスの社員が世界の至るところでボランティアに励んでいますし、日本でも行われています。ほかにも同社はこれまでに被災地支援なども行ってきましたし、その姿勢が高く評価されています。世界に名をはせる製薬会社なだけあるといったところでしょうか。